医師 募集 整体 技術 hijyuのお気楽な日々 盆やなぁ…

hijyuのお気楽な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

盆やなぁ…

莉久でちゅ。探検大ちゅきでちゅ♪
こんにちは~hijyuです。
今日も暑いですね。でも、扇風機さんで何とか凌げてます。
風も結構良い感じで吹いているので、カラッとした暑さです。

今日はAM8時頃に起きました。
目が覚めてそのまま起きて立ってしまったので、
足元がふらついてドターン!と派手にこけてしまいました。
どこかでか頬の辺りを打ったみたいで、暫くの間痛かったです。
ふにゃふにゃの状態で着替えて、既に起きていた流季と莉久を連れて
みんなのいる部屋へ。莉久たんを放鳥して、新しいお水を
所定の場所に置いて、母と2人で朝ご飯。
hijyuはインスタント珈琲でバウムクーヘンを半分程食べました。
それから麦茶で薬を飲んで、莉久たんと遊びました。
せがまれてだっこをしたり、指をかみかみされたり。
だっこな気分だったのか、hijyuの手のひらで2時間ぐらい握らせてくれました。
hijyu、幸せのひととき。ぺったりとお腹をくっつけて、リラックスしている
莉久たんは本当に可愛いものです。時々hijyuの顔を見上げたりして。
もう食べちゃいたいぐらいでした。…実際、背中を「あむっ」としかけましたが(笑)
背中触られるのが嫌いな莉久たんなので、嫌がることはしません。
そう言えば流季も背中触られるの嫌がるなぁ…
男の子はみんな嫌がるものなんだろうか。疑問です。
手のひらでリラックスしていた莉久たんですが、
hijyuが御手洗に行く為、テーブルの上に移動させたら
お気に入りの場所へ飛んで行ってしまいました。
そして御手洗から帰ってきてからは、莉久たんの写真撮影ターイム☆
昨日買ってきたばかりのメモリーカード、もう50枚も撮ってしまってました。
ピンぼけしたやつやらフレームアウトした写真やらを削除して、
また新たな写真を写して。真っ正面の履歴書に貼るみたいな写真が
撮れました。これでバイトの面接でも行って来ようかな。即落ち決定だな(笑)
パシャパシャと写真を撮って、お昼になったので莉久たん帰宅。
入れ替わりに流季氷羅を放鳥。
流季はいつの間に覚えたのか、箱ティッシュから上手いこと1枚1枚
抜き取って、秘密基地へくわえて飛んでいくし。秘密基地に入れる前に落として
しまうんですけどね。それを拾って差し出すとぱくっと嘴で挟んで
秘密基地に入ろうとするんだけど、また落としちゃって。
その作業を何回か繰り返すうちに飽きてしまったのか、
ティッシュなしで秘密基地へと潜り込んでいきました。
氷羅は昼食のおいなりさんを狙って、じりじりにじり寄って来るも
母のお箸で撃退され一時撤退。その後も隙を見てはやって来ましたが、
いつの間にか狙っていたおいなりさんは母のお腹の中へ。
空になったお皿を見て「悔しいわ~っ!」とばかりに飛んで行きました。
よっぽど食べたかったのね、らーちゃん。でも。人間の食べるものはダメなのよ。

それから母と2人でTVを見てました。
水泳の北島選手が金メダルを取りましたね~。
プール下のカメラから映された映像を見て「余裕やな~凄いな~」と
言いつつ、メダルの授与式を眺めていました。
暫くしたらヤクルトのAさんから電話があって、5時半頃に待ち合わせ
することになりました。hijyuの家はかなり入り組んだところにあるので、
いつも近くの病院前で待ち合わせして、ヤクルト買ってるんです。
出掛けるので早々に流季と氷羅をお家に帰して。
5時半近くになったので自転車で病院の駐輪場に自転車を止めると、
丁度Aさんも来て。色々話しながらヤクルトを貰ってお金を払って。
「チビ(子供)達が待ってるから即帰らなあかんね~ん、
今度ゆっくりお茶しよな~」と言って去って行きました。
いつの間にやらすっかりお友達になっていました(笑)
ヤクルトを受け取って帰宅したhijyuは、流季と氷羅をお家に帰して
あるので、時間がちょっと早いけど莉久たんを放鳥。
今はお気に入りの場所でリラックスしています。
そのうち「あ・ちょ・ぼ☆」「だ・っ・こ♪」と、いつもの如く
小悪魔ビームにやられて喜ぶんだろうな~
寝るまでついつい遊んじゃうんだろうな~
それで幸せに浸りすぎてのぼせるんだろうな~

               …毎夜のことですが♪(ヲイ)



今年は亡き初代の相棒、氷樹(ひじゅ)の初盆です。
遺骨の前に、生前大好きだったカナリヤシードでも
供えてあげようかと思っています。氷樹が亡くなってから来月で1年。
嗚咽を堪えながら、葬儀屋さんの書類にサインしたのを覚えています。
10歳…人間の歳で言うと92歳(だったかな?)の大往生でした。
沢山の思い出と命の尊さを教えてくれた彼の為にも、
hijyuは精一杯生きていこうと思っています。
氷樹、虹の橋のたもとで待っててね。
hijyuは氷樹に恥じないよう生きて、そっちへ向かうから。
もう少し、羅希(らき)達と待っててね。
  1. 2008/08/14(木) 18:50:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hijyu375.blog38.fc2.com/tb.php/51-658ba1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。