医師 募集 整体 技術 hijyuのお気楽な日々 2009年05月

hijyuのお気楽な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

君の名は?

こんなところで記事にする必要性はないのかも知れないけど。
友人のブログが荒らされています。
通りすがりを装っているけれど、明らかに攻撃の意味を含んだ悪意のあるコメント。
もうね、誰が書いたかなんて一目瞭然なのよ。
文章のクセやらタイプミス、選ぶ漢字の間違いなんかは隠そうと思っても隠せないからね。
わざわざHN変えてまで書き込むことか?って訊きたくなる位に薄っぺらで内容の伴わない
稚拙な誹謗。まるで小学生のような一方的な言いがかり。
そんなことして虚しくならないのかねぇ。「やってやった」と満足しているのだろうか。
ま、自分のやってることに胸を張れないから名前を隠すんでしょうけど。
友人のブログはうちと違って至極真っ当に文鳥記事を書いている場所。
愛らしさが存分に伝わる写真と、愛情が滲み溢れる文章に非の打ち所はない。
そこに、何の因果も感じられない、思いつきで書いたような中傷文。
個人的な怨みつらみ妬みそねみ(これも勝手な思い込みだろうけどね)を振り翳しているだけ。
レベルの低さが窺い知れる。怒る以前に呆れてものが言えない、ってこのこった。
余程暇なのかね。忙しければ人を槍玉に挙げてる時間も取れないだろうから、暇なんだろう。
暇だからといって人を攻撃するだけの理由にはならない。
ネット上で匿名の書き込み…その上にネットカフェなどを使ったり、串を刺したりすれば
身元がばれないと高を括ってるのかも知れないけれど。…立派な犯罪ですよ?
まずは民事で相手に謝罪を促す場合。
「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する
法律第4条第1項の発信者情報を定める省令」に基づいて被害者がその記事の情報を保有している
コンテンツプロバイダにアクセス記録の検証を求め、IPアドレスなどの開示を請求。
明らかにされた発信者情報を元に、被害者は損害賠償・謝罪・訂正文の掲載を求めることが出来ます。
よって『書き逃げ』と呼ばれているものは一切認められていないのですよ。
でも相手がこれらの請求に応じない場合には弁護士を通じて訴訟を提起することになります。
あとは刑事告訴。名誉毀損罪(刑法230条1項-公然と事実を適宜し人の名誉を傷つけた場合に成立)、
侮辱罪(刑法231条-事実の指摘を伴わずに安易な評価や判断によって人を侮辱すれば成立)、
脅迫罪(刑法222条-人の生命・身体・自由・名誉・財産などに対して害悪の旨を告知すれば成立)
などが適用されるでしょうねぇ。留意点は多々ある上に、対象がややこしかったりしますが。
プロバイダから開示された発信者情報と被害者の告訴があれば警察は刑事事件として動きます。
(被害者が犯人を特定してから6ヶ月以内の告訴、が成立条件ですが)
現行の刑法では『親告罪』に値するものなので、
告訴がなければ公訴に提起することは出来ませんけどねー。
それでも。そんなリスクを犯していると言う自覚を持ってもらいたいものですね。
『守られている』ネット社会は裏返せば『監視されている』実状なんですよ。
まぁ、どうせここにも来てるだろうからこの記事を目にされるでしょうけどね。
自分で自分の首を絞めている事に早く気付いて、馬鹿馬鹿しい行動はお控えなさい。
…その前に、きちんと謝罪すべきところには謝罪&訂正コメントを残すこと。
自らの感情の赴くままに残したコメントが、それを目にした多くの人の気分を如何に損害したか。
書き込まれたブログオーナーの心痛がどれ程のものか。
想像もしていないでしょう?考えてもいないでしょう?もし自分が同じことをされればどう捉えますか?
文句・反論・言いたいことがあるんなら、堂々と正面からぶつかりましょう。
残念ながら、私は「事なかれ主義」ではない。売られた喧嘩は買いますよ。
…友人がコケにされて黙っていられる程大人に出来ていないものでね。
きちんと名前を明かして、いつでもいらっしゃい。
  1. 2009/05/28(木) 18:42:55|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
前のページ 次のページ

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。